メニュー

舌下免疫療法

舌下免疫療法とは

日本人の46%と半分近くの方が、アレルギー性鼻炎(花粉症)に罹患しています。
また近年では年齢2~3歳から症状が現れる子も多く、今後も罹患率は増えていくことが予想されます。
そんな中、初のアレルギー性鼻炎の根治を目指す治療として「舌下免疫療法」が出現しました。
治療法は「1日1回 舌の下に薬を入れ、しばらくしたら飲み込む」といった簡単な治療になります。
「弱いアレルギー物質を口から取り込むことで体を徐々に慣らす」という機序により、安全性も確保されており、5歳以上の小さなお子様から治療を開始できます。

治療期間

最初の2週間はしっかり確認して、その後は1か月に1度来院していただく形になります。
完治を望む方は、2~3年間以上は継続されることが推奨されています。(最長5年)

メリット

  • 根治が望める
  • 根治しなくても、多くの方は症状が軽減される

アレルギー性鼻炎は、副鼻腔炎を引き起こしやすくなり、喘息のコントロールも悪くなります。
また併存症として睡眠不足・集中力低下を引き起こし、学習能力低下も引き起こすリスクがあります。
その為、お子様から治療を始めると多くのメリットが生じるともいわれています。
引用: 大久保公裕,他:インターネットを用いた  アレルギー性鼻炎患者に対するアンケート調査2011.

デメリット

  • 毎日薬を内服する必要がある
  • 6週間までは、かゆみなどの副作用が生じる可能性がある
    *基本的にかゆみを抑える薬を数週間は一緒に内服していただきます。
  • アナフィラキシーを引き起こす可能性が、ごく僅かだがある
    *日本では数名報告がありますが、亡くなられた方はいません。

HOME

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME